陸上車イスで佐藤友祈が金メダル!世界記録はどんなもの?結婚はしている?【パラリンピック】

こんにちは。
ランタンです。

東京パラリンピックで佐藤友祈(さとうともき)さんが陸上車いす400Mで見事、金メダルを獲得しました
車いすで陸上のコースを風を切るかの如く疾走する姿はとても格好良かったですね!

佐藤友祈さんは2016年のリオオリンピックで金メダル獲得を公言していましたが
当時は銀メダルに甘んじる事になります
銀メダルでも素晴らしい戦績ですがそれに満足することなく

2020東京パラリンピックで見事公言通りに金メダル獲得し、リオオリンピックの雪辱を晴らします!

そんな佐藤友祈さんの陸上選手としての世界記録や経歴や現在結婚はしているのか気になったので
調べてみました

広告

佐藤友祈のプロフィール

出身地:モリサワ

生年月日:1989年9月8日

出身地:静岡県藤枝市

障害クラス:T52

趣味:囲碁、映画鑑賞、旅行、ゲーム

座右の銘:「夢は叶えるもの」

出典:オフィシャルサイト

パラリンピックは障害ごとで8つのクラスに分かれ、そのクラスがさらに細かくクラス区分されます

佐藤友祈さんが所属するクラスはT51~T54と分かれ、
T52は2番目に障害が重く肩関節、肘関節、手関節が正常もしくはほぼ正常だが
指の曲げ伸ばしに制限があり、自立で座位を保てない状態です

お父さんと妹さんはレスリングの全国大会に出場する経歴をもっており、佐藤友祈さん自身も小学生の頃は
レスリングに打ち込んでいました
中学では陸上部へ入部、高校では囲碁部に入部をしてアマ4段になるほどの実力を身に付けます

ですが2010年に脊髄炎を患い車いす生活となりました、その後1年間はふさぎ込みがちとなってしまうのですが
佐藤友祈さんは2012年にある2つの出来事が切っ掛けでパラリンピック出場を目指します

1つ目は友人の「車いすだからお店に行くのを誘う辞めよう」という言葉を聞いたの事
2つ目は2012年ロンドン大会の陸上車いすでの走る姿に感動をしたのが切っ掛けでした!

家族がレスリングをしており自身もレスリングや陸上をしていてかなり運動が好きなようですね
だからこそ、体が動かせなかったのショックは大きかったでしょうし、そのショックから
ふさぎ込むのも無理はありません

そして友人からの拒絶の言葉は失意のどん底に落ちいったのは想像に難くありません
ですが、その言葉に負けることなくむしろそれを元に奮起をしたのですから
見返してやろうというハングリー精神溢れています!

だからこそ、ロンドン大会で見た陸上車いすの素晴らしい動きは自分の将来を
掛けたいと思う程のものそして目に映ったことでしょう

世界記録は?

佐藤友祈さんはその後すぐに競技を始め、素人ながら車いすメーカーに自分を売り込んだり
練習環境が整っている岡山に引っ越したりと持ち前の行動力を発揮します!

佐藤友祈さんは陸上を始めたての頃から自己紹介する時は
「今度パラリンピックで金メダルをとる、佐藤です」
としており
人に笑われてしまうかもしれないのにそれを言うというのは絶対に金メダルを獲ってやるという
熱意が表されています  

最も誰しもが金メダル獲得を目指すのは当然であるのですから、
その熱意を笑う人はいなかったと思います

2014年から2019年までに27回の公式大会に出場して数多くの優勝をしており
2016年のリオオリンピックでは400m、1500mでダブル銀メダルを獲得

そして2020東京パラリンピックで金メダルを獲得して、次回のパリパラリンピックでは
自分の記録を塗り変えることを公言しています!

驚くことに400m、800m、1500m、5000mでの4つの世界記録を持っており
金メダル獲得の公言を実現したのですから記録更新も見事実現してくれるでしょう
今からとても楽しみですね!

結婚はしている?

佐藤友祈さんの奥さんは佐藤真由子さんという方でした!

佐藤友祈さんは以前人材派遣会社の正社員として働いており
その親会社に奥さんの真由子さんがいたようです

2015年に奥さんと出会い、2018年に佐藤友祈さんが食事に誘い後に交際がスタート

2019年8月11日に入籍、と付き合ってから1年で
結婚をしているのでお互いにかなりラブラブなのが分かります(笑)!

現在でもとても仲が良く、そのラブっぷりはTwitterでも見られます

本人もTwitterしていますが奥さんからこんな素敵な応援メッセージが来たら
金メダルを獲得するしかないですよね!

まとめ

記事をまとめると

  1. 佐藤友祈さんは小学生の時はレスリング、中学生では陸上をしておりスポーツマン
  2. 2010年に脊髄炎を患い車いす生活となり、その後はふさぎ込みがちだった
  3. 2012年に友達の「車いすだから食事に誘うのやめよう」という言葉にショックを受け一念発起
    当時のロンドン大会で陸上車いすの動きに感動をして競技を始める
  4. 2014年から2019年の延べ27回の公式大会で数多くの優勝をして
    4つの世界記録を樹立する!
  5. 2020年東京パラリンピックで金メダルを獲得
    次回のパリパラリンピックでは自身の記録更新を公言!

以上となります、今回もお読みいただきありがとうございました!