杉浦佳子が自転車で二冠金メダル!最高齢の年齢は?実は事故から再起をしていた!【パラリンピック】

こんにちは。
ランタンです。

杉浦佳子(すぎうらけいこ)さんがパラリンピックの自転車競技で見事二冠金メダルを獲得する
という歴史的快挙を達成しました!

そして、パラリンピック日本人最年長で金メダル獲得という偉業も同時に果たしています

杉浦佳子さんは元々趣味でトライアスロンやロードレースに参加をしていた
スポーツマンな方なので、今までの努力が実ったといえるでしょう!

ですが、そんな趣味でしていたロードレースでの事故が
パラリンピック競技を始める事になった切っ掛けになっています

そんな杉浦佳子さんの最年長と言われる年齢や事故の事が気になったので調べてみましたので
是非ご覧ください!

広告

杉浦佳子のプロフィール

出典:読売

生年月日:1970年12月26日

身長:156㎝

体重:47㎏

学歴:北里大学

出身地:静岡県

出典:JIJI.com

今回の金メダルを獲得した種目は2種で、

  1. 女子個人ロードタイムトライアル
  2. 女子個人ロードレース

女子個人ロードタイムトライアル

個人タイムトライアルは出場選手が一人ずつ出走をして、ゴールタイムの早さを競う種目です
男子は44.2㎞、女子は22.1㎞の距離を走ります

個人タイムトライアルでは他の選手をペースメーカーや風よけに使う事は禁止されているので
純粋的な個人の身体能力が試される競技であり、比較手体格が大きい選手が上位に入りやすい
種目ですが既存の道を走る為コースによって有利不利が変わってくるのも大きな特徴です

女子個人ロードレース

女子個人ロードレースはよくイメージされる、集団で走り1位を目指す種目です
今回の東京パラリンピックでは静岡県の富士スピードウェイとその周辺の1周13㎞を3周
延べ39㎞に中で金メダルを目指し苛烈な競争を繰り広げます

杉浦佳子さんは
タイムトライアルでは2位に22秒27の大差をつける25分55秒76でゴール
個人ロードレースでは1時間12分55秒でゴールをしています!

今回の金メダル獲得により

  1. 東京パラリンピックで女子選手第1号
  2. 日本人選手の金メダル獲得の過去最高齢記録樹立
  3. 日本自転車、史上初の同一大会2冠

という3つの偉業を達成しています!

最高齢の年齢は?

 

杉浦佳子さんは過去最高齢で金メダルを獲得したと話題となり、
その年齢は何と50歳です!

50歳とは思えないスピーディーかつパワフルな走りは見るものを圧倒的する
ものでしたね

2017年からパラサイクリングを始めて4年なのでまだ競技歴は浅いですが
その4年で世界の強豪達を打ち破る実力を身に付けたのですから
並大抵の努力ではなかったはずです

杉浦佳子さん本人も
『生きていて良かったです』と金メダル二冠の嬉しさを語っています
もし次回のパリパラリンピックにも参加する事があれば
最高齢記録を更新しするのではないかと楽しみです!

ロードレースで事故にあっていた?

2016年4月にロードレースの大会で落車事故に見舞われています

その事故で脳挫傷、外傷性クモ膜下出血、頭蓋骨、鎖骨、肋骨、肩甲骨の粉砕骨折、
三半規管損傷の重体になりそれを乗り越えますが、高次脳機能障害の後遺症を患うことなりました

その後は知人の勧めでパラサイクリングを始めて
事故の翌年の2017年のパラサイクリング・世界選手権のタイムトライアルで優勝するという
成果を上げています!

普通なら事故にあったのならもう自転車に乗りたくないと思う所ですが
杉浦佳子さんは事故の記憶が全くないそうで、リハビリ医からエアロバイクを
勧められ自転車の楽しみを思い出したこともあってまた自転車に乗り始めました

記憶が無くとも事故により生死の境を彷徨い、生還しても障害が残ったのですから
自転車を嫌いになるどころか、人生に希望を失ってもおかしくありません

ですが、周りの人の支えもあり杉浦佳子さんは前を向いてい生きていく事を決め
自転車をまた楽しもうと思い行動していきます!

障害をもったとしても自分のしたい事をするという熱い情熱が
彼女の原動力であり、それがあったからこそ金メダル二冠という
歴史的快挙を成し遂げられたのでしょう

まとめ

杉浦佳子さんの事をまとめると

  1. 同一大会でタイムトライアルと個人ロードレースの2種目金メダル二冠を達成する
    のは日本自転車史上初の偉業!
  2. 東京パラリンピックで女子選手金メダルの第一号
  3. 50歳という過去日本人選手最高齢でのパラ金メダル獲得
  4. 2016年46歳の時にロードレースで落車事故に見舞われて高次脳機能障害を患う
  5. 事故後は懸命なリハビリを重ね、2017年のパラ世界選手権のタイムトライアルで
    優勝をする

杉浦佳子さんは50歳とスポーツ選手としては高齢ですが、50歳という年齢で金メダルを獲得
する前例がないことを成し遂げています!

これからもその経験を活かしてさらに活躍をしていってもらいたいですね!

今回もお読みいただきありがとうございました